今年の釣り納め
年末です、釣り納めです。今年は26日に早く帰宅できたので、多少風は強いがディープウェーディングポイントへ。事前にE師から連絡が入っていたのだが、携帯を仕事に持って行き忘れていたので、連絡が取れなかった。が、行ってみると強風の中、一人立ち込む師の姿が・・・。とりあえず合流できた。

既に1本上げているということだが、この風だとシンキングペンシルしか使えなさそうだ。気合で続けていると、自分にも50センチぐらいのがヒット。そしてその後続かないので撤収することにした。と、いうわけで今年の釣りは50センチのシーバス1本で締めくくられることになる・・・・・はずだったのだが、28日。思ったよりも雨足が弱く、風もまだ出ていないようだったので、地元ポイントに入ることにした。この日の干潮は2時。潮位は30センチまで下がるので何とか行けそうだ。

基本的に人間が嫌がる雨とかのコンディションのときは、魚の側は活性が高いわけで、えてしてビッグフィッシュはこういうときにヒットするのだ。11時半ごろから潮止まりまでを狙って入水するが、風と雨が強くなってきて水面が波立ち、水底の様子が良く分からない。しかも若干霧が出ていて辺りが見にくい。沖まで出れるルートを探しながらシャローランナーを投げまくっていると、竿先に生命反応。反射的に合わせると遠くの方でエラアライが見える。確かにシーバスだ。最初は小さいかと思ったが、寄せてみるとそこそこ良さそうなサイズだった。今回は波もあまり立たなかったので、無事にランディングすると、プリスポーンの77センチ。今年釣った中では最大だった。

e0000137_16473720.jpg
さて、一匹釣って安心したのだが、釣り納めだからといってこれで帰るというのもなんなので、再度探りを入れる。沖へ出れるルートを見つけ、いつも乗っている岩盤まで到達して開始すると、またしてもヒット。こちらは手前でバラしてしまったが、さっきほどのサイズではない。続けてすぐにヒットがあった。これもさほどのサイズではなく、50センチといったところか。そうこうしているうちに潮止まりタイムを迎えた。上げまでやると危険そうなので帰宅。ようやく良い釣り納めになったと思う。

とりあえず今年の釣りはこれにて終了。そろそろ他のポイントも開拓してみたいので、年明けは新天地を求めて各地を巡業します。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-12-29 16:09 |
場所選択ミスか・・・
またしても魔のディープウェーディング週間に突入である。マイナス5センチまで下がるということで、選べるディープウェーディングポイントは2つ。そのどちらか、ということになったのだが、この日は低気圧の通過後ということもあり、家から最も近いポイントはまだうねりが残っていそうだ。そうなると残るは一ヶ所しかない。

というわけでE師とI君に先行して入ってみたのはいいが、どうも魚の反応が薄い。例によって現地で会ったM本さんが2本キャッチしただけで、流れが止まるタイムへ突入してしまった。このままでは期待薄なので、E師と電話相談した結果、地元ポイントに行ってみることにした。

現地に到着したのは丁度潮止まり直前。濁りがきついが沖の岩盤に乗って開始する。自分とI君はE師とW林さんと少し離れた岩礁からスタートする。まだ少しうねりが残っているみたいで、足にかかる波が重い。と、ふとE師とW林さんの方を見ると・・・・・、肩まで海に浸かっていた。スリットに踏み入れてしまったようだ。ここが案外危険地帯だということを再認識した。

しばらくすると流れが出始めてきた。シャローランナーをダウンクロスにキャストし、流れの重みをリールで感じながらリトリーブ。すると手前で食ってきた。さほどのサイズではないが、足元でバラシ。最近どうもバラシが多いが、この濁りでも魚は食ってくることを確認。

その後、バイトがない時間が続いたが、W林さんがキャッチしていたので期待は持てそうだ。しかしいつものように連発しないな、今日は。やはり濁りが多少なりとも影響しているに違いない。あのまま最初のポイントで釣っていたほうが釣れたかもしれん。と、考えながらもまたダウンクロスで流してようやく当たった。サイズは50センチそこそこだったが、無事にキャッチに成功。その後もすぐに当たったのだが、ランディングに手こずっているうちにまたしても手元でバラしてしまった。最近こういうのが多いので、ランディングの練習をどこかでやっておこう。メバルとかで。

と、いうことでどうも今回は不完全燃焼で終わってしまった。あのまま最初の場所に残っていれば・・・と思ったが、あのまま残っていても、あの時移動していれば・・・と思っていたに違いない。とりあえず次回に期待だ。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-12-24 17:15 |
決死のディープウェーディング
土曜日。中途半端に50センチぐらいまでしか潮位が下がらないのだが、風向き的に家から最も近いディープウェーディングポイントに入れそうだった。ここは何度行っても真っ暗で薄気味悪いし、ところどころ深いスリットがあったりして足場も悪いので、誰か他に一緒に行く人を探していたところ、E師が行けるということで、夜の11時に現地集合となった。

ということで準備を進めていたところ、昨年購入した超強力なハンドライトが点かない・・・。どうやら壊れたようだ。こうなってしまうと他に予備のライトがないので、車の中を漁ると、以前E師が忘れていったクリップ式の3連LEDが!助かった・・・。途中で師に電池を買ってきていただき、何とか今回はこれで凌げそうだ。

潮位は高いが入水し始めると、思いのほか濁っている。これでライトがなかったら相当ヤバかったに違いない。ウェーディングスタッフで探りながら、一歩一歩慎重に沖に出て行く。入れそうな場所で開始すると、すぐにE師が掛けた。サイズは50センチ~65センチぐらいだが、またたくまに3本キャッチしていた。さすがだ。しかもペンシルベイトのミス・カルナでキャッチしているあたりがさらに渋い。

どうやら沖のテーブル状の岩盤の先でヒットしているみたいなので、自分も場所を移動しながら前に出るルートを探し、再開するとすぐに当たった。が、2連続バラシだった。しかも2本目は手前でランディングにてこずっているうちに外れてしまった70オーバー。未だにランディングに慣れていないのだった。

e0000137_17314589.jpg
しばらくすると潮位も下がってきて、沖のテーブルに乗れるようになった。この先には重い流れがあり、手前で食う魚よりも少しばかしサイズが良いらしい。テーブルに乗って再開すると、即座にバイト。今度は慎重にやりとりしながら寄せてくるが、またしてもランディングに手こずって苦戦した末に何とかキャッチ。70ジャストの良型だ。そしてその後2連続でヒット。バラシが多いので師のアドバイス通りスウィープでフッキングする。未だにランディングには手こずるがリーダーをキャッチして手前でバラシと約65センチをキャッチ。その後も何回かバイトがあったが、フッキングせず。相変わらずE師はヒット率、キャッチ率が高く、5本ぐらいはキャッチしていただろうか。

そうこうしているうちに下げ止まりの時間を迎えた。ここは上げまでやっていると戻れなくなる危険性が高いので早々に撤収。大爆釣ではないが、結構良い結果が出せたと思う。

ここのところ、こういう足場が悪い場所に入水することが多いので、なるべく強力なライトとウェーディングスタッフは準備しているのだが、今回みたいにその一角が欠けると非常に危険な感じがする。とは言っても数年前までは今回と同じようなライトと、ウェーディングスタッフなしで挑んでいたのだから相当な兵(つわもの)だった。今から考えると怖いことしてたんだなー、と思う。出来る限り安全には気を配って釣りをすべきだ。あ、あと予備のライトは次の日にちゃんと購入しました。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-12-16 17:21 |
魔のディープウェーディング週間EXTRA
e0000137_053626.jpg
さて、魔のウェーディング週間が終わって小潮回りとなった。このあたりになると下げ一杯でも55センチぐらいと下がらない上に、干潮の時間も早朝の4時近いとだけあって、どうにもディープウェーディング慣れした自身には釣れる気配がしない。が、それ以上に今はシーバス一色になってしまっているので釣りには行くのだ。

今回はたまたま昼間の買物の時にバイト中のI君を見かけたので誘ってみたところ、夜に行けるということだったので、地元のポイントを攻めてみようということになった。夜の10時過ぎに待ち合わせて10分で駐車場所に到着、そこから歩いて釣り場までアプローチする。さすがに夜も遅く、潮も悪いだけあって、釣り人は皆無だった。まずは手前のサーフからスタートしたが、バイトもなく、終わろうとしていた。

この潮位だといつもディープウェーディングしている場所はちょっときつい。通常なら干潮時に岩盤を伝ってリーフエッジまで出て沖の流れを叩くのだが、今回は潮位が高いので途中までしか入ることができない。できるだけ安全に気を配りながら入れるところまで進み、スリット上を攻めていく。と、しばらくすると目の前で魚がエラアライするとともにロッドに感触が伝わり、その直後にテンションがなくなった。要は何もできずにバレたわけだ。「?」という感じだったが、とりあえず魚はいるみたいなのでつづけてキャストすることに。

立ち位置を変えながら、なるべく沖まで出れるところまで出て、キャストを続ける。岩盤が顔を出しそうな場所が多いのでシンキングペンシルだと根がかりそうだ。ここはバンズに頑張ってもらわねば(注・アムニスは買いに行けませんでした)。と、ようやく沖目で待望のバイトが。

慎重にランディングすると、64センチではあるが、体高のある魚だった。この潮位でも丹念に探れば釣果に結びつくということが分かったので嬉しい一尾ではある。

やればまだ釣れるかも知れなかったが、流れが止まった時点で上がることに。今回もこれはこれで面白かった。まだまだシーバスのシーズンは続く。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-12-03 22:13 |
魔のディープウェーディング週間-Day3
e0000137_13122921.jpg
実際にはまだまだディープウェーディング週間は続くのだが、個人的にはこれが最終日である。予報は南西が吹くと言っていたが、どうも北の風になっているらしい。釣り場に到着すると昨日のポイントには既に先行者が。むむ、これは別のところに入るべきなのか?と、考えていたが、よく見ると背中に見覚えのあるランディングネットが。やはりM本さんだった。

釣況を聞くと既にバイトはあったそうで、しかも直後にヒットさせていた。間もなく自分にもバイトがあったが、残念ながら手前でバラシ。丁度そのころ、E師たちが到着したので、6人並んで再開する。下げ止まりまではやはり沖目でシンキングペンシルで当たっていたのだが、スリットに近づけるとともに、シャローランナーに好反応が出始める。

皆それぞれのルアーで・・・、と言いたいところだが、ほとんどアムニスじゃん!さすがは三浦を知り尽くしたヤマリア製ルアーだ。ヤバい、俺持ってないじゃん。この次あたりはレッドヘッドのみ6個ぐらい持っていそうで怖い。上の写真はE師のすぐ後に自分もキャッチできたので並べて撮ってみた。が、すみません、ブランジーノがあまり写ってないです・・・。その後はそれぞれが魚をキャッチし、そうこうしているうちに潮が上げてきたので撤収。今回は全員キャッチという快挙だった。お疲れ様でした。

今回みたいに大人数で釣るのも面白いわけで、またこういう機会があったら是非呼んでもらいたいものである。互いの情報交換という意味でも大いに有意義な晩だった。

さて、魔のディープウェーディング週間、次回は2週間後の予定だ。今回は全体的にサイズが出なかったので、次の潮周りでデカいのが回ってくることを期待したい。それまでにはアムニス用意しときますんで・・・。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-11-25 13:16 |
魔のディープウェーディング週間-Day2
e0000137_1511692.jpgさて、次の晩。昨日の風も収まり、ようやくまともに釣りができる状況となった。と、いうことで昨日と同じポイントへ。

今日もE師が後から合流するため、先に行って始める。波は昨日と比べれば無いも同然。風は東の微風だった。沖にはリールを巻くとズッシリとした重い流れがあり、さらに沖の活性の高い魚を狙うべく、シンキングペンシルにチェンジすると、すぐさまバイトがあった。かなり沖でバイトしたので、根に巻かれないようにひたすら寄せてランディングすると、体高のあり、筋肉質な68センチだった。その後、ひたすら沖目の流れをシンキングペンシルで攻め続け、すぐ後に60センチを追加。テールフックに掛かるのでバラシも結構あるが、魚の反応は良いようだ。

E師とそのご友人が合流した後も、シンキングペンシルで好反応だった。今回使っているのはスライドスイムミノー120だが、その飛距離、沖の重厚な流れまですっ飛ぶほどの爽快ぶり。一軍入り決定だ。多少の向かい風でも、CPS-FX-tiのベリーに乗せてキャストすれば広範囲に攻められる。ちなみにリールはセルテートにしてきた。波をバンバン受けるのでヘビーデューティーな作りの方がいい。

下げ止まりから2時間半ほど経って、そろそろ波も高くなってきたので撤収か、と思っていたそのとき、5mほど手前、ルアーのピックアップ寸前で食ってきた。エラアライの感じからすると結構サイズは良さそうだ。丁度沖から波が押し寄せて、何とか耐えながらランディングして近くの岩場へ持っていき、サイズを測ってみると、痩せ型だが77センチのナイスサイズだった。今年初の70オーバーに安堵した。
e0000137_1515158.jpg


で、結果は5本キャッチ、3バラシという珍しく良い釣果だった。毎回これぐらい釣れれば文句はないのだが、釣れない時があるからこのようにはまったときが嬉しいのだ。3日目も風は吹かないみたいなので大いに期待したい。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-11-24 14:59 |
魔のディープウェーディング週間、始まる
さて、今週末は魔のディープウェーディング週間である。今週末は特に3連休ということもあり、普段なら1日中管理釣り場でスプーンをシャクっているところを、全神経をディープウェーディングに費やすのだ(予定)。と、いうことで別件で電話がかかってきたE師に今週末の予定を告げ、一緒に釣行することになった。

ということで第一日目の木曜日、鶴見の某研究所の隣にあるキャンパスに出張だったため、そのまま直帰して釣り場に向かう。が、風が結構あって波が高い。正面から三角波が来るので波をかぶりまくりだ。しばらくしてE師も合流した。さすが、師は魚を早速キャッチしたということだが、この波ではどうにもこうにも釣りにならず、次の日に望みを託して撤収。いや、危険な釣り場だった・・・。

ちなみに今年から、リーフウェーディングの際には必ずウェーディングスタッフを使うようにしている。本流のトラウトの釣りで使うようになったのが使い始めのきっかけだが、あるのとないのとでは歩くときの安定感が全然違う。自分はシムスの5.6ftを使っているのだが、海水で使用しても錆びないのがいい。あと干潟でのエイ対策にも有効だ。

さて、今晩も風向きを読んでどこに入るか決めようと思う。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-11-23 10:17 |
もっと釣れると思ったのだが・・・
さて土曜日。朝から雨が降っていたし、北風も結構強そうだった。こうなってしまうとどうも釣りに行く気がなくなる、などということはない。逆にこうも荒れ模様だとシーバスが出てしまうではないか!しかもあのポイントで!

ということで、例によって準ホームグラウンドの干潟へと急ぐ。この時期の荒れた日には過去にランカーが出ているので、今日も期待が持てそうだ。普通だったら下げ5分ぐらいから干潮まで3時間程度やるぐらいなのだが、今回は気合が入りすぎて下げ始めからの6時間コース。これで釣れなければ魚が皆無のはずだ。決して読みが甘いわけではない、と思う。

さて、釣り始めてすぐに待望のバイトがあるかと期待していたのだが、どうにもこうにも無反応だ。さまざまな種類のプラグの様々なカラー・・・いや、カラーはレッドヘッドしか持っていないのだった、を投げ続けるが、バイトがない。そうこうしているうちに沖まで出れる潮位になってきたので、沖のアマモ帯を狙い撃ちしていく。しばらくすると、待望のシーバスのバイトが!が、フッキングはしたはいいのだが妙に引きが軽い。寄せてみると40センチほどのセイゴだった。もっとデカいサイズのが欲しい。できれば70オーバー。

9センチのTKLMという、自分の中では定番ミノーで釣ってしまったのでたまには他のミノーも試してみる。最近発売されたミノーもいろいろ投げてみるのだが、こちらは全く反応なし。追い風でルアーはカッ飛ぶし、水面もいい感じに波立っているので釣れそうなのだが・・・・。と、ルアーをローテーションしていくと、やっぱりTKLMでアタった。

今度はそこそこ良さそうだ。今年に入って初めてディープウェーディングで掛けたので、水面近い目線でのファイトを堪能する。ディープウェーディングの醍醐味はこれに尽きる。ランディングしてみると、65センチの中型だった。これに続いて出てくれ、70オーバー。

が、しかしその後もどうもいまいちだった。潮止まりの前に40センチのセイゴと良型のメバルをキャッチしたのみで終わってしまった。雨が降ってたらもう少し出たかもしれない。

帰る途中、雨が降ってきた。降り始めるのが遅いって・・・。まあ、今回はキャッチできただけでも良かったとしよう。


Tackle
ROD:プラッギングスペシャルボロン CPS-892FX-ti
REEL:イグジスト2506 オーシャンマーク&ZPIカスタマイズ
LINE:アヴァニシーバスプレミアム1.2号
LURE:TKLM90、Banz
[PR]
# by miuracurrent | 2007-11-12 22:31 | 戯言
転戦記
先週金曜から日曜にかけては、三浦のシーバスを追って各地へ出向いたのだが、結果はノーフィッシュだった。

まずはじめに地元のリーフウェーディング。下げ一杯で37センチと、期待できたのだが、どうにもこうにもバイト一つなかった。結構良い流れはあったのだが、なぜか魚の気配は無し。せっかく珍しく仕事を早く切り上げて(というか出張先から直帰)帰ってきたのだが無駄になってしまった。

土曜は行けずに、明けて日曜。この日はE治師の立案で走水海岸のゴミ拾いへ。普段、自分のゴミは持ち帰るぐらいしかしていなかったのだが、こうしたイベントが企画されれば、参加しない手はない。日頃から釣りをさせていただいている海に感謝だ。このような行いをすればきっと魚も釣れるはずだ(E治師・談)。ちなみに海岸清掃の様子はE師のブログをご参照されたい。2時間ほどで次の日に肩が筋肉痛になるぐらいのゴミを収集できた。

で、今回のイベントには河津のアマゴエクスプローラー・I君も参加していたわけで、せっかくなんで夕マズメからどこかに行くことにした。海岸清掃は昼過ぎに終わり、一旦解散して午後5時半に合流。とりあえず以前から目を付けていた金田湾のポイントへ。

途中で久里浜にも寄ってみたが、どうも魚っ気がないのでさっさと金田湾へ。二時間ほど釣ってみたがここでもノーフィッシュに終わった。まあこういう時もある。

昔、よくW師には「情報をもとに釣りに行くのもいいが、情報の発信源になれるアングラーを目指せ」と言われたものだったが、今回みたいに外す釣りも学ぶべきところが多い。E師も言っていたが、次につながる情報を得ることができるのは、むしろ釣れなかったときなのかもしれない。と、今回は言い訳しておくことにする。
[PR]
# by miuracurrent | 2007-10-15 21:28 |
レッドヘッド
3年ぐらい前から、シーバスを釣るのにレッドヘッドしか使わなくなった。それ以前はイワシカラーとかチャートバックとか、いろいろと使っていたのだが、ある日なぜか突然、W師に「レッドヘッドしか使わない宣言」をしてしまったのである。それ以来、レッドヘッドしか買わなくなったのだが、基本的にシーバスのルアーカラーには間違いなくレッドヘッドがラインナップされているわけで、ほぼ確実に手に入るのがいい。よくよく見てみると、レッドヘッドは奇妙だがカッコいいカラーだ。白またはホログラムまたはクリアのベースに頭だけが赤いとは、なんと急進的であり、そしてクラシックなデザインだろうか。

ちなみにレッドヘッドしか使わなくなってから、釣果の方はどうなったかというと・・・別に変わってない気がする。レッドヘッドホロ、レッドヘッドパール、レッドヘッドクリアでしかローテーションしないので、基本的にカラーで迷うことはない。っていうかカラーで迷うぐらいなら立ち位置とかをもっと考えるべきじゃね?という自分の中での結論になった。あと、レッドヘッドホロ、レッドヘッドパールはラインナップされていても、レッドへッドクリアはなかなかラインナップには加えてもらえないようだが、自分ではよく使うカラーなのでレッドヘッドホロの頭を残してわざわざカッターで削っている。ちなみに釣り場ではこういう会話が成立する。

「カラー何使ってる?」
「レッドヘッドです。俺、レッドヘッドしか持ってませんから。」
[PR]
# by miuracurrent | 2007-10-10 22:59 | 戯言